俳句:Haiku

1999年

雨蛙窓の向こうで仰向けに

かぶと虫夢中で捕った少年期

紅のトマトは甘く果物に

夕立の吹き込む水の冷たさよ

真っ黒な腕に真っ赤な虫刺され

ミニトマト味も形も赤い巨峰

オクトーバー(ふた)(つき)前の暑さかな

2000年

蟬の声いつから君を好きだった

造られた風に揺らされ泣く風鈴

雷が空を破っておいたする

炎天のソフトクリーム土器のごと

ダダダダダ夕立はドラムにマシンガンに

雷のうねるベースに雨歌う

雷雨とはシンバル・ドラム自然のビート

雨粒は弾丸なりて撃たれた夏

飲まれたる麦茶の減りが温度計

注がれる昇る麦茶の温度計

あぶらみ太陽を通訳ジリジリジリ

枝豆の乗客食われ(から)の舟

枝豆の箱を開ければ翡翠の光

ハーモニカ吹くごとかじるとうもろこし

とうもろこしかじるごと吹くハーモニカ

風が降る雨が吹きおる夏嵐

蟬時雨感傷的なハーモニカ

扇風機ため息漏らしうなだれる

浴室のスタンドマイク夏の歌

一年を百個集めた箱を捨て

2010年

便箋をひととき迷う冬将軍

2012年

絶望が滴り落ちる冬の雨

冬衣()()()()()()()()ボンレスハム

2017年

梅雨入りに真夏日来るとつゆ知らず

着てく服半袖長袖迷う初夏

梅雨が来て洗濯物が乾かない

2019年

年賀状装い送るラブレター

初詣行く末占うコイントス

千代紙で手作り楽しポチ袋

書初めや実現なるか万年筆

三が日終わり悲しき初出勤

如月にチヨコレイトはもらえない

灰色の仕事始めに字消し買う

外套の丈も長くて初仕事

医者帰りおくすりもらい寒椿

北風や三尺三寸金定規

恵方向きくわえ煙草の恵方巻

冬至には出勤時間がまだ暗い

2021年

おい、コロナ⁉そろそろ終息する頃な‼

赤い実を財宝のごとく見つけたり

尻尾「にゃあ」真ん丸瞳誰の猫

2022年

家族の()尊き(さん)()歌う「好き」

美しや千代紙の花瑠璃の蝶

RGBあたひも(むら)なき秋の空

ネジ回し師走の諏訪市せわしなし

ベランダにひも靴干して冬支度

日持ちするひも靴干物()も弱し

2023年

恵方巻セつブンイレブンいい気分

豆を撒き鬼男泣き恵方巻き

恵方巻黙して食すコロナ禍や

巫女に恋セツないきブン外の鬼

恵方巻未来を覗く遠眼鏡

お雛様(かんざし)ティアラお姫様

令和五年四月二十九日
昭和の日ご唱和ください「昔はな…」

令和五年五月五日に詠む二句
五月五日らしくあるべき子ども何処
鯉のぼり恋のボリューム第何巻?

都々逸
踏み潰されて除草剤漬け蟬と向日葵夏が逝く

令和五年十二月三十一日
もう詰んだボウの年にボウの死

2024年

二月十四日に詠む二句
バレンタインバレンとインクで愛を摺る
罪なキスカカオとおかか好きな蜜

二〇二四年二月二十九日に詠む四句
出勤日一日増えるにー(にー)きゅー
給料日一日遠のく二(・二)
パサパサの心うるおうどしゃぶり哉
花粉舞い瞳うるうるうるう年)