詩:Poem

1993年

おでん

こないだ、
ゆきが、
ふった。
さむかった。
ごはんは、おでんに、
しました。
だいこんや、ちくわ、
こんにゃくに、たまご。
ぐつぐつぐつぐつ、
にた。
おいしかった。

カレーライス

このあいだ、
大かぜが、
ふいた。
ごはんは、
カレーにした。
にんじんと、玉ねぎ、
じゃがいも、ぶたにく。
ゴトゴトにた。
なべ、
いっぱいに、つくった。
からかった。

お茶づけ

きのう、おでんを食べた。
ご飯があまった。
そこで、お茶づけを作ることにした。
まず、お茶づけのもとをかけた。
パラパラと音がした。
つぎに、お湯をかけた。
ジュージューいい音がした。
おいしそうなさけ茶づけができた。
うまかった。

1996年

かえるの目で見れば

春だ
かえるは土の中から
出て来るぞ
ふんばって
出て来るぞ
五月晴れの空を
今日もわれらは飛び回る
あと一月もすりゃ
田植えも梅雨もある
ああ楽しみだ

将棋と麻雀

将棋を指すといつも負ける。
「歩」を「飛車」で取られ、
「角」を「飛車」で取られ、
「桂馬」を「飛車」で取られ、
「香車」を「飛車」で取られる。
将棋は先をよむからつかれる。
麻雀は運と「カン」だから
楽しいのにな。

1998年

季節の皮膚

うららかな春のこと
「うわ何だ」「花の香りが臭い」
「おいバーゲン品ばっか着るな」
まぶしい夏のこと
「汗臭い早くふいてくれ」
「恥ずかしいさらさないで」
淡い秋のこと
「おい虫がうるさい」
「気取ってないで上着を着ろ」
凍える冬のこと
「寒い雪合戦なんかするな」
「冷たい水で手を洗うな」
季節の皮膚は文句ばかり

1999年

僕はお前に勝つことがどうしても出来ない
僕はお前を支配することが出来ない
お前を手に溜めても
お前は手から巧みにすり抜ける
お前をナイフで切っても切っても切っても切っても
お前は不気味な円い微笑を幾つも浮かべるだけ
お前を飲み込んでも
それは勝ち越したにすぎない
いつも必ず逆転ホームランを打たれる

僕が三日もお前を飲まないと
こっちが死んでしまう
お前を焼死させても
姿を変えそして増殖し僕を襲う
お前を凍死させても
カチカチに固くなり僕を滑らす

僕の中には沢山のお前がいて
僕を生かしていてくれる
殺すことがいや勝ちを望むこと自体が無駄なのか
でもいつか いや無理だ

僕はお前に勝つことがどうしてもできない
僕はお前を支配することが出来ない

インフルエンザ

もしもこの世に神出鬼没の怪人がいるとしたら
それは君であろう
毎年毎年挑戦状を叩きつけては何百人も殺害していく
ああ 君こそ完全なる犯罪者よ
警察は毎年来ている君を逮捕出来ない
君は毎年変装してやって来ては罪なき人を死に至らせる
ああ 君こそ非情なる殺人鬼よ
人々は怯え凶悪犯の魔の手から逃れようと部屋に閉じこもる
被害者(ガイシャ)が多くなれば学校は休みになる
警察は「WANTED」のビラを貼り
厳戒体制が敷かれる
それでも君を逮捕出来ない
この指名手配犯に
人々は涙を流し鼻をかみ熱を出しては咳をした
人々が君を逮捕出来たら
絶対に死刑にするだろう
でもそれはありえない
もうそろそろ君が今年犯した事件の時効がくる
僕は君を恨む

コンピュータ

お前は何者だ 天才かそれとも狂気か

数千キロの距離を一気に駆け抜け
百人の会話を一堂に聞ける
ネズミの左尻を押されると
忍者のように顔を変える
虹色ドーナッツを食べると
お前は物知りとなる
真っ黒ビスケットを食べると
その味を顔に出せる
何でも出来て 何でも出来なければ仕方ない
完璧主義者である

だがお前は二つの数字しか分からず
曖昧というものを知らない
言われなきゃ何も出来ない
だらしない奴
ドーナッツを食べなければ
お前はただの箱
おまけに ちょっと目を離すと
すぐに顔を隠してしまうシャイなお前

お前は何者だ 頑固者か軽薄者か
覚えろと言われたものはありのままに覚えて
絶対に忘れない
信じる者は数字と文字の合言葉のみ

だからお前は合言葉を知っていれば
誰であろうと平気でホイホイついていく
バカ正直な奴

天才的な頭脳を持ちながら狂気のお前を
人間は信じ過ぎた
お前も調子に乗って人間に操られていた
それ故お前は年さえも分からなくなって
ニチには知恵熱を出してしまう
そうなると人間は何も出来なくなってしまう
それぐらい劣ってしまった
ニチの知恵熱は
主人に絶対服従のお前の
せめてもの抵抗か

どん底

ここはどん底 一つの鉄玉が転がり落ちた
鉄玉は殴られてどん底に落された
水の流れが高みから流れるように
ゴロゴロゴロ転がり落ちる
悲しくもこの鉄玉は何に燃えるだけもなく
他の鉄玉が熱く燃えているのに
一つだけくすぶっている
フラフラフラ転がり落ちる
この鉄玉はとてもこっけい
ここはどん底 一つの鉄玉がくすぶっている
今まで転がって来た坂道はとても急で
上れない
ここはどん底

冬の到来

暗い部屋に
埃が舞い散る
雪のように
冬は北風と埃に乗って
やって来るのです

2000年

シャープペンシル~鉛筆の嘆き~

僕は君が生まれるずっとずっと前から
こうして人々の指に挟まれて
自分の肉片を紙々に刻んできたんだ
それなのに君って奴は
ある日ひょっこり現れて
僕の真似なんか始めた
次第に人々は君を好むようになり
僕は忘れ去られてしまった
君は僕の居場所を仕事を奪ったんだ

僕は自分の命を削りながら体を縮めながら
それでも肉片を刻み続けてきたんだ
今までどれだけの仲間がその命を
人々に捧げてきただろうか
それなのに君って奴は
自分の体を少しも傷つけずに
ただ他所からきた肉片を持っているだけ
肉片がなくなれば
また別の所から持ってきて
紙々に刻むだけなんて

僕が死んでも君は生き残るなんて

僕はたった一つの肉片と一生を共にする
それなのに君って奴は
浮気をくり返してはたくさん子供をつくり
遊びふけているなんて

僕は君に負けているのか

でも僕は君に一つだけ優越感がある
浮気のしすぎで君は
いつも人々に頭を叩かれては
怒られている
僕は決して浮気はしない
それだけが僕の誇りである

註 この原稿は当然鉛筆で書かれた

2001年

巨木が倒れる時

ある朝目覚めてみたら
額縁の中の風景が
二本の巨木が煙を吐いていた
海の向こう自由の地で

空はくっきり青くって
煙が雲の代わり
天高く浮き上がって
少し涼しい初秋だった

2002年

美術室へようこそ

ここにあるのは上手うまい絵ではなく
       美味うまい絵です

上から手先で器用に描いた絵ではなく
色や形などの「味」が美しい絵です
どうか気軽に見ていって下さい

単純くんと複雑さん

単純な奴とは単なる純粋なだけで
まっすぐにしか考えられなくて
Tシャツ一枚しか着てません

反対に複雑な奴とは複数に手を出し一つ一つが雑になって
ゴチャゴチャと曲がっていて
厚手のセーターを着て汗をかいています
どっちがいいでしょうかね

妥協点~夢と現実~

夢があっても現実はなかなか厳しい
夢だけに生きるのは大変で
現実だけに生きるのも寂しい

でも

夢と現実が違うなら
二つはどこかで交わるはず
そこがきっと進路なんだろう
悩んで迷って決めていく

太陽だって影と光をつくるから

いつまでも純粋でいたいけど
裏表がないとメビウスの輪みたいに
心がねじれてしまう
多少の汚さは仕方ない

たとえ「裏」の僕だって
太陽の光に当てれば
「表」の僕がきっと透けて見えるから

大いなる夢と進みたい方面でベクトルが決まる

大きさと向きによってたった一つのベクトルが決まります
漠然と夢を見るだけでなく
その夢の大きさと向きベクトルを決めなければならないのでしょう
ベクトルは進路なんのです
できるだけ大きくて希望する向きへ伸びる
自分だけのベクトルを決めたいものです
ベクトルは虹色 どの向きにも伸びていて
その先には輝く未来が待っているのです

何事にも甘さは控えめに

全てが順調な人生なんてつまらないじゃないか
苦味をしっているからこそ深味が出るんじゃない
人もコーヒーもきっとそうだろう

一度きりで何度でも

「人生は一度きりしかない」
「やり直しのきかない人生なんてない」
この二つは決して矛盾していません
一つにすると答えが見えてきます

「一度きりしかない人生の中で
何度でもやり直しができる」
終わりのある無限のチャンスなのです

世界をつなぐ二つの球体

地球がまるいのは
世界中の人々が仲良くサッカーをやるためらしい
地球もボールも大切に

ねこ座り

ねこがいる生活は
この「ねこ座り」が基本である

仰向けだと胴長に見える

ねこもごろんと仰向けで寝ます
完全に安心しきっている時だけ
この白いお腹を見せるのです
まるで人間みたいですね

ねこ手

福を招いているのではなく
「ねこ手」をしているだけにゃのだ
でもそれを見ているだけで
とっても幸せだにゃ~

2024年

うつ病の日々

とにかくだるい やる気なし
とにかく眠い  やる気なし
倦怠感で飽和した
泥に覆われ動けない

とにかくだるい 億劫だ
とにかく眠い  億劫だ
意識が途切れ気絶した
疲労困憊動けない

腰と背中や首筋の
痛みを伴うコリとハリ
シップを貼れど治癒はせず

欠伸をしても酸欠で
脳もまともに機能せず
なにも出来ずに時が死ぬ