短歌:Tanka

1998年

人間は生まれた時こそ潔白で死に至るまで己を汚す

1999年

新学年教科書の花が満開に我は蜜を吸う蝶なり

そよ風が私の体をくすぐってリーンと笑う私は風鈴

百年前トキをあやめた人の子孫必死にトキを守る有様

プロダクション政府の人がやって来て「子役のギャラは振興券で」

雨に撃たれ逃げる人々我は見て連想するはNATOの空爆

作られた風に揺らされ泣く風鈴哀愁の音は涼しくもなし

眠れぬ夜頭をかすめる悩み事暗がりの向こう光は見えぬ

総理というあだ名をもった先生が一年で替わった総理のように

時事問題一年間をにぎわせてやがて去りゆくあなたも同じ

雷の音におびえる我が兄に弟が勝つ夏の夕立ち

2000年

五百円玉五輪への願い込め銀から金へNIPPONのメダル

押し当てた包帯の空に日は昇り我けがすれど法に縛られ

2002年

十七歳のやまとうた
一途さと僕自身しか割り切れない十七歳は素直な数字

2003年

歳月は人を変えると悟りたり告白できぬあの子の背中

耐えられぬ沈黙埋める愛想笑い十分承知の八方美人

さわやかなマリンブルーそんなもの幻影であるただの歯ブラシ

2005年

ハタチのカタチ~20歳のやまとうた~
十代の轍を断ち切る音の名は自立と自律ハタチのカタチ

2006年

ため息の煙をふかす氷点下雪路を急ぐスモーキングブルース

2018年

33歳のやまとうた
三日月を重ね並べて得る形33歳我に光を

ストレスが私の体を蝕んだうつ病乾癬前立腺炎

我が腕に赤く腫れにし乾癬は刺青のごとく一生消えぬ

届かない想いをのせて元日へ年賀状こそラブレターに

2019年

迎春と賀詞を書きにし元日に今年の抱負げいしゅんを誓う

年賀状返事がもらえるはずもなく私の想いはどこへ行くのか

傷をつけ葡萄酒色した私の血舌なめずりで死の味ぬぐう

何もしない何もできない座るだけ山積みされてく仕事が辛い

34歳のやまとうた
學問に戀にせわしき三四郎青春はほら始まったばかり

細長い昆布じゃないよスマートフォンこれ一台でなんでもできる

2020年

35歳のやまとうた
幾星霜未熟の海の底潜む35歳珊瑚の息吹

2021年

愛の技法勉強をしてはっと知る何故この感情が永遠なのかを

素描のようラフなタッチで書きつつも中身の詰まった実りの書物

2022年

道や橋川など暮らしを造ってく土塊・石コロ・木っ端に鉄クズ

37歳のやまとうた
解毒して病を治せさんしちそう37.0℃サンジュウナナテンゼロドの微熱

名前は流亜可愛いピエロ無邪気な眼楽園に咲く百合アマリリス

素顔の君もっと知りたい愛おしい辛いよ僕は恋焦がれてる

2023年

発達障害者による絶望の三首
一生涯発達障害糞キチガイ屍骸馬鹿貝飛び込む断崖
Bad Guy無能で論外苦難永い発言場違い周囲は憤慨
貧民街蛾を放し飼い安物買い成れないつがい皆無の生き甲斐

発達障害者による希望の三首
Nice Guy発達障害負けぬ気概君が生き甲斐支える互い
一生涯僕らは(つがい)二枚貝歩く地下街我が子は(かすがい)
予想外家族の(あらが)い時に苦い認める違い幸福永い

令和五年四月一日
(しん)(ねん)()(りょく)黄色に気持ち染め褪せず貫く(しん)(ねん)()(りょく)

38歳による希望の一首
3(サン)8(パチ)はたとえコケてもωオメガ無限ultimateでunlimited

自己紹介の和歌
真の画家Francisco de Goya讃えプラス思考でCoyaの雅号や

搔き(むし)る瘡蓋シール垂れる(しる)痛みが走る生存を知る

感謝とは罪悪感で謝罪する居た堪れない恥の弁明

2024年

自信とは過信慢心謙虚さを忘れた天狗の鼻をへし折れ